スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシオ HIGH SPEED EXILIM EX-FC150

カシオのコンデジEX-FC150を購入しました。
IMG_0790_ss.jpg
最近は全くコンデジは使っておらず、実に8年ぶりのコンデジ購入になります。
なぜこの機種かと言うと、スロー映像を撮りたくなったから。3歳の甥に協力してもらいテスト撮影してみました↓


240fpsモード(解像度448×336)で撮影してます。旧機種なので1万円ほどでしたが結構楽しめそうです。

スポンサーサイト

岩倉山

砂川沿いをウォーキングしていた時に気になっていた山です。
01IMG_0566_ss.jpg
ネットで調べてもあまり情報が無く、分かったのは岩倉山という名称ぐらい。とりあえず登山口を探してみます。

02IMG_0735_ss.jpg
岩倉八幡宮の手前に登山口がありました。(ページ下の地図参照)

03IMG_0574_ss.jpg

04IMG_0576_ss.jpg
綺麗に笹が刈られています。

05IMG_0588_ss.jpg
しばらく進むとゴツゴツした岩が。龍ノ口の段原古道に似た雰囲気。

06IMG_0604_ss.jpg
このシダ道は天狗山に似てます。変化があって面白い。

07IMG_0625_ss.jpg
開けた場所に出るとパラパラ雪が降ってきました。

09IMG_0633_ss.jpg
T字の分岐がありました。左に行くと岩倉山頂上、右は磐座のようです。まず右に進んでみます。

11IMG_0646_ss.jpg
面白い事に、左側では雪が降り、右は晴天。

12IMG_0668_ss.jpg
だんだん晴れてきました。

13IMG_0694_ss.jpg
この磐座からの眺めは想像以上。

14IMG_0692_ss.jpg
こんな面白い山があったとは驚き。

15IMG_0702_ss.jpg

16IMG_0689_ss.jpg

17IMG_0703_ss.jpg
分岐まで戻ります。

18IMG_0707_ss.jpg
分岐から先はこのような道が続きます。

19IMG_0711_ss.jpg
どうやらここが岩倉山の頂上らしいです。

20IMG_0708_ss.jpg
標高153mなので、近くに来たついでに気軽に登れます。

21IMG_0713_ss.jpg
頂上から先は古都南方へ下りる道が続いているようです。
福治集落からの登山口はこちら


六島

12:30に大飛島を出発。船内で410円支払い15分ほどで六島前浦港に着きました。
01IMG_0238_ss.jpg
水仙が身頃とあって六島は人が多い。ちなみに先程の大飛島に降りたのは私と島民一人だけでした。

02IMG_0239_ss.jpg
灯台方面は人が多そうなので、反対の湛江地区から周ることに。

03IMG_0248_ss.jpg
大鳥神社前の海岸。

04IMG_0266_ss.jpg
人懐こい猫で、ニャーニャー言いながらついて来ます。

05IMG_0267_ss.jpg
湛江漁港。

06IMG_0269_ss.jpg
分かり難いですがこれが島周遊道の入り口。

07IMG_0281_ss.jpg

08IMG_0298_ss.jpg

09IMG_0303_ss.jpg
大石山への分岐。登ってみます。

10IMG_0316_ss.jpg
頂上には朽ち果てた展望台。

11IMG_0312_ss.jpg
下りは小学校へ続く水仙の小道を歩いてみることに。

12IMG_0326_ss.jpg

13IMG_0360_ss.jpg

14IMG_0382_ss.jpg
次は六島灯台に向かいます。

15IMG_0410_ss.jpg

16IMG_0396_ss.jpg

177IMG_0495g_ss.jpg

18IMG_0531_ss.jpg

19IMG_0474_ss.jpg

20IMG_0543_ss.jpg
1つ前の船で皆帰ったのか誰も居りません。笠岡行きの船が来るのは17時20分。

21IMG_0547_ss.jpg
日が暮れてきました。

22IMG_0552_ss.jpg

23IMG_0554_ss.jpg
水仙は今がちょうど見頃です。興味のある方はお早めにどうぞ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。