スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠井山

01_20110327185425.jpg
今日登るのは笠井山(339m)。雨の日に登ると決めている山です。

02_20110327185439.jpg
頂上までアスファルト舗装されているので傘を差して歩けます。

03_20110327185452.jpg
雨の日しか登ってないので写真を撮るのはほぼ初めて。今は曇ってます。

04_20110327185503.jpg
杉林の向こうに激しい倒木。

05_20110327185515.jpg

06_20110327185535.jpg
笠井山の笠の字が面白い。

07_20110327185545.jpg
山の斜面に民家が建ってます。

08_20110327185555.jpg
住むには不便でしょうが、夜景は綺麗そう。

09_20110327185608.jpg
かつて家だったモノが植物に覆われてます。

10_20110327185620.jpg
山頂近くにある石碑。昭和13年拓務省の所管で、不毛の地を開拓しに行った少年175名のことが書かれてます。
終戦後の混乱で食なく住なく荒野をさまよい、帰国できたのは半数だったとか。

11_20110327185650.jpg
頂上に着いた途端、雨がパラパラ降って来ました。

12_20110327185657.jpg
急いで展望台に登る。

13_20110327185705.jpg

15_20110327185724.jpg
龍ノ口山が見えます。

14_20110327185714.jpg
岡山でも大気中の塵から微量のヨウ素131が検出されたらしいですね。
今日は傘を持って来なかったので、カメラを鞄に入れ走って下山しました。


スポンサーサイト

神崎梅園

1_20110318180830.jpg

2_20110318180841.jpg

3_20110318180856.jpg

4_20110318180906.jpg

5_20110318180920.jpg

6_20110318180933.jpg

7_20110318180945.jpg
少し時期が遅くなりましたが今年も見に行くことが出来ました。







怒塚山・金甲山

01_20110313202418.jpg
久々に怒塚山(332m)から金甲山(403m)を縦走してみます。

02_20110313202431.jpg
何やら新しい道が出来ています。

03_20110313202441.jpg
道の先は行き止まりで、木が伐採された展望所らしきものがありました。

04_20110313202453.jpg
前登った時は左側は森だったはず・・・。バッサリ切られてます。

05_20110313202505.jpg
この登山道は鉄塔巡視路でもあります。

06_20110313202516.jpg

07_20110313202527.jpg
眺めの変化、道に緩急があって飽きません。

08_20110313202539.jpg
怒塚山頂上に到着。

09_20110313202550.jpg
登頂記念にイロイロ書き込みがあります。

10_20110313202612.jpg
怒塚山頂上から貝殻山方面の眺め。

11_20110313204226.jpg
岡山市街地方面。

12_20110313204239.jpg
電波塔がたくさん立っているあの山が、これから向う金甲山。

13_20110313204247.jpg
中間地点から怒塚山を振り返る。

15_20110313204307.jpg
金甲山への道はほとんど展望は無いですが、よく整備され歩きやすい。

16_20110313204319.jpg
この分岐を左に行くと下山してしまいます。右に進む。

17a.jpg
左の怒塚山が小さくなりました。

18_20110313204336.jpg
祠の横に金甲山の三角点。

19h.jpg
猫がたくさん居た展望台ですが今日は一匹も見えません。

20_20110313204351.jpg

21_20110313204432.jpg
帰りは「みつがしわ新道」を通って下山します。

22_20110313204443.jpg
長閑でお薦めルートです。

23_20110313204456.jpg
EOS Kiss X4+シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。